硯 箱 の 筆

筆の進むままに

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する拍手する

バレンタインがやってくるよ。。。

今日は朝から娘の友人たちが夕方まで台所を占拠。

それで作ったのが「刻んで溶かして固めただけ」のチョコレートたち。
この数年、なんだかんだで手作りしてるけど、今年はシリコンの型が可愛いからと色んなのを買ってきてて、それに流し込んで固めるのに熱中してました。
簡単な割りに時間かかったな、娘。。。

私は明日か明後日にでも何か作るかな。。。

小話一つ折りたたみ。
お題サイト様からお題いただきました^^

5つのキスのお題配布所

やっぱりちゅーが好きv
てことで、ぼちぼち書きます。
狐でやりたいなーと思いながら、しかし狐とちゅーは実は難しい、てことに気付いて諦め気分。

とりあえず今回は1つ目

「A: まずは普通に」から「いってらっしゃい」
を年の差の二人で。
5つ書ききれるんかな、私。。。

ではではおやすみなさゆきv

拍手する拍手する




【まずは普通に】

1.いってらっしゃい


 自分の恋人は、もしかしたらとてもロマンチストなんじゃないかと思うときがある。



「佐助、買い忘れた物があるから、ちょっとスーパーまで行ってくる」
 財布をジーンズの後ろポケットにつっこみ、玄関に向かいながらあまり大きくはない声で言う。
 仕事に集中しているようだから無言で出掛けたとて何にも気付かないかもしれないが、一応一声掛けていくのは礼儀だと思ってのことだ。
 本当なら顔を見て言いたかったが、仕事の邪魔はしたくなかったし、後ろで声を掛けても生返事が返ってくれば御の字、というあまり嬉しくない状況になるのはわかりきっていたので、なら初めから返事など期待せずに顔を見ないで出掛けた方がいいと判断したのだ。
(近くのスーパーまで自転車で十五分…コンビニだったら歩いて五分だが)
 玄関で靴とサンダルを見比べてどちらを履こうか悩みながら手を伸ばす。
 切らした物が調味料で、コンビニでも買える物だけに少し悩む。
 しかし財布は家主───つまりは佐助───からの預かり物で、一応主婦的立場で節約にも励みたい身としては、多少時間がかかっても商品単価の安いスーパーまで行くべきかと思う。
 よし、と一つ息を吐き気合いを入れて、自転車ならばスニーカーだな、とスニーカーを手に取り足を突っ込んで緩めた紐を結び直す。そして下駄箱の上の鍵置き場になっているカゴの中から自転車の鍵を手に取ったところで、ぱたぱたと後ろから足音がした。
「旦那旦那、ちょっと待って」
「佐助?」
 冷え対策にと無理矢理履かせている動物の足の形のスリッパ───ちなみに佐助は猿で自分は虎だ───で、歩きにくそうに玄関までやってくるのを不思議顔で待てば、その表情に気付いたのか佐助が苦笑をこぼす。返事があるとも思ってなかったのに、まさか玄関まで来るなんて誰が予想できるというのだ。
「…そんなに不思議?」
「不思議だな。俺の声が聞こえてたのか?」
「ちゃんと聞こえてるに決まってるでしょ。無意識に返事してから気付いて、慌ててここまできたのに」
 こちらまで聞こえなかったが、生返事でも返事はしてくれたのかと少し嬉しく思って笑みを返す。けれど、そのせいで仕事の手を休めさせて玄関まで来させたのかと思えば、傍で声を掛ければよかったとも反省する。
「…じゃあ、とりあえずそういうことだから。ちょっと行ってくる」
「はいはい、いってらっしゃい。───でね、忘れ物を持ってきたんだけど」
「忘れ物?」
 必要なものと言えば財布と自転車の鍵ぐらいだ。携帯も一応持ってきているのに。
「いってらっしゃいにはキスでしょ」
「き、きす!?」
 そうそう、と言われた言葉に一瞬固まった隙に腕を取られて、一段高いところにいる佐助が目が合う高さまで腰をかがめてすぐ目の前で笑って。
 ちゅ、と軽く触れ合わさった唇が、そのまま頬を滑って耳にも軽く触れて、低い声がいってらっしゃいと告げる。
「さ、さささささ…!」
「俺さまの仕事、今良いところでキリになったからさ。帰ってきたらお茶煎れてほしいなぁ」
 ちょっと休憩するから早く帰ってきてね、ともう一度唇に唇が触れて、鼻に甘噛みされて。 
「これはおかえりのキスとワンセットだから、帰ってきたらもう一回だよ」
 そしてこちらが照れで声がまともに出ないのを良いことに玄関から放り出されれば、反論する術すらもない。
「───まったく…。これから買い物だと言ったのに」
 赤い顔で行けというのか、と熱を持ったような気がする頬に触れて、今度こそ聞こえないだろうと悪態をつく。
(早く帰ってこい、か…)
 囁かれた恋人の言葉に、今は主婦は返上だ、と近くのコンビニに自転車で行くことに決めて、足早に歩きだした。




 ───自分の恋人は、もしかしたらとてもロマンチストなんじゃないかと思うときがある。

 けれど、そんな恋人の仕掛けてくるすべてが嬉しいと思う自分も、きっとロマンチストなんだろう。





お題なので短めにまとめてみた。
元々短いのしか書けないんだけど(苦笑)

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

ちびギャラリー

 

presented by.●○紅羽のTWぶろぐ○●

カレンダー(月別)

06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Lc.ツリーカテゴリー

忍者メルフォ

本文以外は無記入可

右サイドメニュー

twitter

あんまり呟かないけど生存確認ぐらいにはなるはず。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。