硯 箱 の 筆

筆の進むままに

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する拍手する

リンクー!

いっぱい貼ってもらいましたvv

とりあえず佐幸サイト(と私が認識してる)ところだけですが。
もう、もう、大好きサイトさんばかりですよ!
うちで貼ったところで何が変わるわけではないでしょうけど、こっそり応援してます・・・という主張。
もう皆様知ってるところばかりでしょうね。

もうちょっとしたら幸佐サイトも貼ってもらおう・・・エヘ
主従がイチャコラしてれば私は幸せです。

リンクフリーに甘えて、ほぼ無言・・・チキンですみません。
なんだかメルフォの前で緊張しました。
こういうのって、どう書いたらいいのか本当にわからなかったです。
言葉って難しい・・・

明日の墓参りに備えて準備をしました。
一番最初にやらされたのが車の掃除。
切ない。

世の女性の方(少なくとも私の周り)は車なんて走ればいいと思ってると思うんですが。
最低限、虫が湧かない程度の清潔と、ゴミを溜めないこと、足元に敷いてあるマットに砂が乗れば捨てるぐらいしかしません。
もちろん外装も汚れっぱなしでほったらかしてます。
また汚れが目立たないシルバーグレーなんで、わかんないしーとか。
(限界が来たら洗うんですけど)

めっちゃ怒られました。
掃除機かけるところまでやりました。
窓も、中も外も拭きました。
男の人って、どうしてあんなに車に拘るんだろう・・・いいじゃん乗れれば。

とりあえず明日は5時出発です。
絶対起きないであろう子供達は毛布に包んで放り込みます。
着替えは途中のサービスエリアで休憩がてらで。
昼夜うどんを食べます。
讃岐うどん、大好き・・・っ!
醤油と天かす(天ぷら)とネギとゴマ、それに生姜をちょっと乗せてずるずるっと!
ぴっちんぴっちんの跳ねるうどんは最高に美味しいです。
ぺろっと3玉ぐらいいっちゃいます。 ←ホントに!
まったく墓参りが目的なのか、うどんが目的なのかわからないですね。
(少なくとも主人はうどんがメインだ)

チカちゃん観光は地理的に無理でした。ガックリ。
お墓があるらしいんですが、なんか崩壊の危機・・・?らしく。
(観光)ライバルが坂本竜馬だから勝ち目がないのかな・・・う~ん。
お墓ぐらいはどうにかしてあげてほしいです、高知県の方!

そいえば小話で、うちの佐助が幸村の世話を焼く、その焼き方(?)とかがけっこう恥ずかしいという話が出て、でもあれは無意識だしー、本人は恥ずかしいとか思ってないよ!と返してみた。
うん、あれを恥ずかしい認識したら、きっと空飛んで(物理的に可能)逃げちゃうよ!ww
てことで、ちょっと恥ずかしく甘やかすのをどこまで出来るかやってみた。
以下。 拍手する拍手する

例えばお昼休み。
学校の屋上とか中庭とかで何人か集まって弁当を食べたとする。
数が多いと面倒なので、幸村・佐助・政宗で。

政:「前々っから聞こうと思ってたんだが、真田幸村」
幸:「なんでござろうか?」
政:「てめーの弁当、なんで猿と同じなんだ?つか、今日は重箱三段で一緒たあどういうこった?」
佐:「何今頃そんなこと言ってんの。週の半分は俺様が弁当作ってるからじゃん。あ、旦那、そのおにぎり梅干だよ」
幸:「おお、カツオはどれでござる?」
佐:「そこの俵型の。こら、欲張らない、誰も取らないから」
政:「・・・てめー、その状況が feels sick なんだってわかってんのか」
佐:「俺様日本人だからわけわかんない英語で言われても unrelated だしー。今日の玉子焼き、甘めにしてあるけど、甘すぎない?」
幸:「うむ!うまいでござるぞ、佐助!」
佐:「そ?よかった。昨日作った煮物も今日は味滲みてるから、鶏肉も食べてよ?」
幸:「鶏肉は好きでござるが・・・おお、ほろりと崩れるぞ!」
政:「こら、無視すんな」
幸:「伊達殿もいかがでござるか!佐助の作った弁当は美味でありますぞ!」
佐:「あー・・・旦那ってば優しー。好物の玉子焼きも煮しめも魚フライもわけたげるんだ」
幸:「エビフライはダメでござる。カリフラワーのカレー炒めとインゲンの胡麻和えと・・・プチトマトはいいでござるが」
政:「なんだその Lineup は」
佐:「旦那、カリフラワーは食べなきゃダメ。苦手な物を押し付けない」
幸:「イ、インゲンは好きでござる!」
佐:「はいはい。あー、ほら、口の周りにたれ付いてるよ。しょうがないな、もう」
(とか言いながら濡れタオルで拭いてやる)
幸:「むー・・・取れたか?」
佐:「取れたけど、取った端からつけるじゃん、あんた・・・」
政:「何恥ずかしいことしてる、お前ら」
佐:「何が恥ずかしいのさ。汚しっぱなしのが恥ずかしいだろ」
政:「違うだろ。いい年の野郎相手に一から十まで世話焼くのを恥ずかしいって言ってんだろうが」
佐:「弁当作って食べさせてるだけのどの辺が世話焼いてることになんの。あ!こら!その甘煮はデザートだって言ったでしょ!」
幸:「し、しかし目の前にあると食べたいでござるよ!さつまいもは好きなのだ!」
佐:「・・・仕方ないなぁ、一個だけね?後はご飯食べてから。バターケーキもいい具合に落ち着いてるのがあったからそれも後で出すから程ほどにしなよ?」
幸:「バターケーキ!砂糖はかかってるでござるか?」
佐:「フォンダン?たっぷりかけてあるよ。あとでなんかジュース買ってくる?」
政:「てめー、甘やかすにしても限度があるだろうが!」
佐:「はあ?どこが甘やかしてんの。普通でしょ、これぐらい。仲間はずれにされたからって僻んでんじゃないよ、まったく」
幸:「・・・伊達殿もケーキがほしいのでござるか?」
政:「誰がんなこと言ったよ。てめーも甘え過ぎだって自覚しろ、自覚!」
佐:「旦那のどこが甘えてんの。まったくうるさい外野だな」
幸:「某、佐助に甘えているつもりはないでござるよ?佐助、お茶」
佐:「ん?はいはい。まだ熱いから気を付けて」
政:「てめーら、それ本気で言ってんのか・・・?」


何かこんな感じ?
甘やかしてるほうも甘えてるほうもまったく無自覚でいてほしいです。
これが普通。みたいな。
これ、実際目の前でやられたら暴れそう・・・

Comment

はずかし・・・! 

きゃわー><
もーなんかね、伊達は他にお友達いないの・・・?て不安になるくらいのいちゃらぶっぷりだよvv(笑)(あ、でも他にもいるのか。ほっ)
甘えるのも甘やかすのも無自覚かー
周りが大変だわ・・・(笑
慶ちゃんがいたらすごく幸せそうに眺めてそうー^^
  • posted by みおか 
  • URL 
  • 2008.04/03 23:30分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

ちびギャラリー

 

presented by.●○紅羽のTWぶろぐ○●

カレンダー(月別)

10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Lc.ツリーカテゴリー

忍者メルフォ

本文以外は無記入可

右サイドメニュー

twitter

あんまり呟かないけど生存確認ぐらいにはなるはず。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。