硯 箱 の 筆

筆の進むままに

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する拍手する

周期があるのです

過去に書いたお話の色々なのが周期的に頭をぐるぐる。

今は破廉恥期です。わかりやすく年の差の二人。
つい、昨日一昨日ぐらいまでは怪しげパロなアンドロイドでしたが(苦笑)
その前は弁丸さまだったし。ちったいこ大好き^///^

でまあ、破廉恥期なのでふらふらネサフしたり家にある本漁ったり。
脳内妄想もぐるぐる。

ぐるぐるしたので以下に簡単に妄想吐き出し。
佐助がおかしな人になってるので佐助ファンは要注意。

はぁ。寝よう。
おやすみなさゆき!

拍手する拍手する




お仕事に疲れて、集中力も切れたので居間で雑誌か何か読んでる幸村をさらってベッドにダイブ。

「さすけ!?」
「もー、疲れたから休憩」

旦那付き合って、て感じで。
逃げられないように背中から抱っこです。

「ならばもう眠って明日にすればよいではないか」
「そうしようかなぁ・・・でももうちょっと足掻きたいというか」

まだ時間早いしねぇ、と生返事的に答えを返します。

「・・・邪魔になるなら帰るが・・・」
「全然邪魔になんてなってないよ。むしろ相手できなくて申し訳ないぐらい」

言いながら髪に鼻先を埋めてぐりぐり。
たまにちゅーとかしたりして可愛い恋人を満喫。

「さ、さすけ・・・///」
「あー・・・旦那いいにおいー。このまま気持ちいいことしたいなぁ・・・」
「さ!? おま、なに、・・・っ」
「旦那ん中、あったかくて気持ちいいんだよね。してるときも気持ちよすぎて眠くなったりするんだよ・・・あ、でも旦那の声とか顔とか可愛くって眠気なんてすぐにどっか行っちゃうんだけど」
「は・・・っ、破廉恥でござる!!」
「破廉恥万歳だよ・・・あ、しまった。元気になっちゃった」
「!?」
「明日はまだ平日だっけ・・・週末まで我慢か」
「───べ、べつに、いたしたいならば・・・お、お、おれは・・・」
「だめ。動けなくなっちゃうでしょ」

多分佐助は意識してないんだろうと思います。疲れとか眠気とかで意識朦朧としながら会話してるから内容があからさまww
でも気遣いは忘れません。佐助だからね!
むしろ幸村のほうが、若い分煽られちゃって大変かもww

「あ、そうだ。旦那が気持ちよくなってるの見るだけでもいっかな」
「ば、かなことを申すなぁっ!」
「バカなことじゃなくて本気なの。それぐらいだったら体大丈夫だろうし」

今どんな? 旦那も勃ってるかなー、とあちこち触って確認。
ある意味テンパってるのかもしれない、この佐助は・・・(苦笑)
幸村、きっと声のない悲鳴上げてるww

「さ、最後までしたとて、なんともないっ!」
「あるの。───見たことないから知らないと思うけど、旦那の、入り口すごい小さいんだよ? 入るの不思議なぐらい。中だって狭いし、なのに指入れて慣らそうとしても嫌がるし」
「んな、さ、・・・!!」
「いつも大丈夫かなって。指一本でもぴっちりきついのに、俺さまの入れて怪我しないかなって思ってるの知らないでしょ。で、せめてゆっくりしようとしても、旦那ってば我慢できないって泣くし動くし、またそれに煽られる俺も俺だけどさ」

我慢きかないって全然。といいつつ、手は悪戯全開。あちこち触り倒してちょっとずつ服も脱がしてます。
幸村も佐助にされるのはいやじゃないから多分抵抗らしい抵抗はしない・・・うん、しないと思うw

「それに最近してなかった気がするから、一回で済ませられるか俺さまも自信ないしねぇ。二回三回ってなったら、旦那いつでも動けなくなってるし。学校サボらせるわけにはいきません。てことで」
「うわあああああ!??」
「旦那だけ、ねv」

───ていう破廉恥なお話が読みたい。。。
言葉でねちねち苛めてるって佐助が好きです。
照れたり怒ったりうろたえてる幸村を見て満足しちゃうぐらいでいいよ、佐助は。
いや、もちろんできるならすることはしたいんだけど! というスタンスで!ww


Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

ちびギャラリー

 

presented by.●○紅羽のTWぶろぐ○●

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Lc.ツリーカテゴリー

忍者メルフォ

本文以外は無記入可

右サイドメニュー

twitter

あんまり呟かないけど生存確認ぐらいにはなるはず。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。