硯 箱 の 筆

筆の進むままに

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する拍手する

厄除け観音

妹の厄除けのお守りを貰いに観音様におまいり(?)に行きました。

山の上の方なのですが、日当たりがいいせいか枝垂れ桜が満開vv
「厄除」という石碑が立ってるのを無視してパシャリと撮影。
携帯ってちょっと便利・・・

それで思い出した、バトンを一個。
『題名に名前が載ってる人がびっくりして受け取るバトン』

すみません、アンカーで・・・
だって杉さん携帯持ってない・・・w
回してくれたみおかさん、ありがとう~ww

今日の晩御飯はお魚でした。
昨日でっっっっかい鯛を貰って、魚が捌けない私は夜遅くに(貰ったのが夜だったから)お友達のところへ持って行って捌いてもらうという暴挙を。
10時ごろまでいたのかな・・・毎回毎回、本当に申し訳ない・・・(>_<。。
綺麗にお刺身にしてもらいましたvv
そして鯛茶漬けも食べて至福・・・vv
わさびは乗せません。
生姜と唐辛子は食べられるけど、辛子と山葵は食べられない。

幸村も山葵とかダメそう。  ←どんな勝手イメージだ
辛子は・・・戦国時代にあったのかな・・・?
生姜と唐辛子はあったよね。




ふらりと城下に降りてきた二人、お腹がすいたのでご飯を食べようと蕎麦屋に入りました。
上田は蕎麦の名所、もちろん二人は蕎麦を注文。
そろそろ春めいて暖かい季節ですから、二人はざる蕎麦にしました。

「・・・旦那さぁ、うどんに七味入れるのに、ざる蕎麦に山葵抜きってどうよ」
「山葵はツーンとするではないか。蕎麦の味がわからなくなるでござる」
「それが旨いってのにさ」

でてきた盆の上には、蕎麦の乗った笊、汁の入った器、葱と山葵と大根おろしの載った小皿。
幸村はその小皿から山葵以外を汁に入れて食べ始めます。
その様子を見て、思わず言っちゃったものの、甘党には山葵はダメなのかなぁと思ったり。

「山葵きらい?」
「・・・昔、知らずに口に入れて声も出ないほど辛い思いをしたでござる。それから二度と口にはせぬと子供心に誓って・・・なぜ笑う」
「笑わずにいられますかって・・・ははははは!」

案外嫌いな理由はこんなところでしょうか(MY実話)
その時佐助はいたのかいないのか、どちらにしろ幼心の誓いは知らなかったよう。
不用意に笑って幸村に拗ねられるといい。

「・・・ここは佐助のおごりでござるな」
「ええ!?俺様貧乏なのに!」
「知らぬでござる」

蕎麦の代金で団子を買うでござるよと、足取り軽く先に出て行っちゃう幸村。
佐助はあわてて代金払って追いかけて。

「・・・拗ねたのー?」
「知らぬ」
「団子だったら、新作出してる店知ってるよ?」
「・・・本当でござるか?」
「ホントホント」

だから機嫌直してね、と。
どこまでも幸村に頭が上がらない、ヘタレ佐助が大好きです。

変な妄想ばっかりしてるよ・・・
寝ます。
拍手する拍手する

題名に名前が載ってる人がびっくりして受け取るバトン
       (載ってないけど(>_<))
   
○其の一○
回ってきた五文字を携帯の予測変換機能で一文字ずつ変換

○其の二○
その候補上位五つを惜しげもなく曝す

○其の三○
そして次に回す人に新たな五文字を指定

指定→「ゆきによさ」  (すばらしい指定w)

ゆ→友人 ゆっくり 幸 幸村 有用
き→来た 今日 きゃー 気付いた 気も
に→日 2週間 には 日記 にょ
よ→横浜 よろしく よほど よかったら よかった
さ→させて 咲いてる 刺身に 三割 桜と

幸村は出たけど佐助はでなかったな(笑)
もうちょっと下がると佐助の字もあったのに。
でも「にょ」はあった・・・フッ

もう一個バトン貰ってるのは、また後日v

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

ちびギャラリー

 

presented by.●○紅羽のTWぶろぐ○●

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Lc.ツリーカテゴリー

忍者メルフォ

本文以外は無記入可

右サイドメニュー

twitter

あんまり呟かないけど生存確認ぐらいにはなるはず。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。