硯 箱 の 筆

筆の進むままに

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する拍手する

いっぱいきた。

荷物とか手紙(メール)とか電話とか。

今日は朝から家族がお出かけ(学校&仕事&医者)だったので、大掃除!
天気もよくて、もう、すごく捗って、ご機嫌に昼を迎えたら荷物が届いたんですvv

ミクシのお友達がポン○グッズとか色々差し上げます、というのをやってたので、もう、バカじゃないの、ってぐらい申し込んで(グッズ好きーだから・・・orz)段ボール箱で今日届いたんですよ~vv
お宝だった・・・ゲトしそこねた食器とか、ち○ギャラリーとか、もう・・・ハート

で、1時間ほど眺めて、とりあえず食器棚をちゃんと整理してからでないと、と思って、もう一度箱に戻そうとしたら・・・入らない・・・あ、あれ?手書き風シリーズ汗1
おれさま、にもつつめるさいのうないわー・・・知ってたけど!(((((((((_| ̄|○ノ)))))))))
目測誤るのなんて、珍しくもないことです・・・くぅ・・・

あとはこないだの絵茶のログが上がってて、もうね・・・本当にね・・・これを ラ イ ブ で 見 れ な か っ た の か ・・・ ! と爆涙。_| ̄|○∠))バンバン
もう、絶対次回(があれば)ラストまでねばる・・・!!
いや、その前に自重か。うん。絵茶行き過ぎ。
小話書きます、と言ってらした方も、もう上がってた。早っ
そしてすんげ悶えた・・・!
あそこにいた方、多分半分以上が佐助ファンだと思うんだけど、どういう佐助が好きかって言うと、幸村に振り回されてちょっと哀れな佐助が好き、な傾向だよなー・・・ww
幸村は漢らしく受け、だしね。好き!vv
FSSのパロは私も好きですよー・・・と、小さく言ってみる。私信(笑)

メールは要するところの事務連絡なんですが、すごく対応が丁寧できゅぅんとね(笑)
ああ、しゅき!vv とによによしてましたw
人柄ってのは、些細な文や絵で出ますよね・・・と考えるたびに、こう、自分が他人様にどう映ってるかって考えて凹む。


とうとう小学校でインフルが万延しました。
今週末の運動会、延期orz
週間天気予報で、ここ数年ぶりに気温も天候もばっちり!と思っていただけに脱力感は拭えません。
延期先は来月17日。
その頃、寒いんじゃないの・・・? 
今年の私の仕事はアイスとジュースを売ることですが、売れ残ったら、ジュースはともかく、アイスはまるっと赤字です。
いや、学校のお金だから私の懐が痛むわけじゃあないんですけど、なんつーか、やっぱり赤字を出すのは悔しいというか(笑)
目標は5つぐらい売れ残った、て状態です(役員さんで分けて食べるー♪)


昼間に風が吹き込んで、すんげー気持ちよかった今日の私。
昼寝したかったけど、タイミング外して出来なかったんだよなー。
・・・ので、幸村に昼寝させてみた(笑)
いい加減、違う話を書けって感じがヒシヒシと。
以下、小話にもならないちみっと話。学園です~。

お、今日は割と早く終わった(笑)
バサラしたいなーと思いつつ・・・寝させられそうだ・・・

おやすみな佐幸!

拍手する拍手する




さやさやと、部屋に吹き込む秋の風は心地よく。
何か面白いテレビがあるわけでなく、見たい映画があるわけでなく、漫然と雑誌のページをめくる佐助の足元で。

「・・・旦那。よだれ垂れてるよ」
「・・・・・・・・・・・・ん、・・・・・・」

いつものように佐助の膝に肩を預けて、けれど頭は横に傾いで顔の半分を腿に凭れさせるように、幸村は夢の世界に行っていた。

「しんっじらんね・・・足が冷たいってさ・・・」

いや、ぬくいのはぬくいんだけど、と持っていた雑誌を脇に避け、幸村の頭を右から左に移動させる。
何の抵抗もなく素直に動いた頭部をそっと腿に凭れさせ、顔にかかった髪を払えばその頬にはくっきりと佐助のジーンズの跡がつき、熱が集まって桃色に染まっている。
ぱくりと口が開いているのは、首が反り気味になっているからだ。
そうしてよくよく見れば、白く乾いた跡と新たに流れたのだろう一筋よだれが流れている。
もちろん、さっきまで幸村の頭───口元だ───があった位置は、水分で色が変わっている。
洗濯は明日でいいよな、と軽く溜息を付いてその口元に手をやり、人差し指の脇で流れるものを拭う。
拭ってしまえばそれは佐助の指と幸村の唇で広がり、あっという間に水分をなくして乾いていく。

「・・・・・・」

その指を見て。
上下に振って。
軽く、親指でさするようにしてから。
───そっと自分の唇に当てた。

「・・・・・・ディープな間接キス、かな・・・」

ヨダレ付きだもんな、と小さく呟けば、みるみると頬が熱くなって。



俺さまって、ホント、バカかも。と情けなさで涙が出そうな心地になって、ソファの背に顔を伏せて、佐助はしばらく唸っていた。





佐助をどこまで哀れに出来るか。・・・・・・に、挑戦するつもりはまったくなかったんですが。
寝込みを襲うことも出来ないヘタレだなー、と思うのは思いました(だってちゅーしてるところを書くつもりでいたのにさー。動かないんだもん)
ちゅーには色んな浪漫がありますね! にこ!

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

ちびギャラリー

 

presented by.●○紅羽のTWぶろぐ○●

カレンダー(月別)

08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Lc.ツリーカテゴリー

忍者メルフォ

本文以外は無記入可

右サイドメニュー

twitter

あんまり呟かないけど生存確認ぐらいにはなるはず。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。