硯 箱 の 筆

筆の進むままに

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する拍手する

見れた!

ビデオも撮った! 「歴/史/ヒ/ス/ト/リ/ア 真田幸村再放送」

やっとまともに真田幸村関係のテレビでの特集をリアルタイムで見た気がします・・・。
九度山に篭もってからがメインだったので、もういい爺さん幸村でしたが、なんかもーほろりとしました。ほろり。
んでもって、どうして横に佐助がいないんだ、とか理不尽にも程があることを思って、一生この世界から足は洗えないことも思い知りましたorz

だってさー、やっぱ一人で苦悩してたりしたら「佐助は!?」って思っちゃうよね! ね!
幸村の横には佐助がいるもんだとインプット済みな私の脳みそ。
史実は違うってことは重々承知してても、無意識まではどうしようもない。

というわけで、来年のバサラ3が本気で怖い私です。
幸村が佐助の手を払いのけるような、そんなおいsh・・・ゴホゴホ
えー・・・と。そんなありえなさそうなシーンとかあったらどうしましょうか(色んな意味で狂喜乱舞はするな)

拍手いただきました!
ぱちぱちぱち!
うーん、すばらしき音色でございます・・・極楽浄土の音色・・・w
ありがとうございますvv

そういえばフライパン妄想で、杉さんから「佐助は業物包丁も持ってそうだ」というツッコミをいただきました。
あー、持ってそう。うんうん。
でもそれよりさらにいい包丁持ってそうな気がするのがチカちゃん。
魚捌くからね! プロが使うような、一般人にはイマイチ使い方がわかんないような包丁持ってそうだよ!

そして週末にはそれ持って魚釣り。
俗世の煩悩を忘れ去ってポンポン舟で優雅に(?)太公望です。
釣果はたくさん釣れたらお裾分け、そうでなければその場で刺身。
そんな話を学校でしようものなら幸村に連れて行って欲しいってねだられそう。

「某も連れて行って欲しいでござる!」
「ああん、そりゃ構わねぇけどよ。猿飛はどうする?」 ←さりげに二人ワンセット思考
「俺さまパス」
「佐助ぇ!」
「だって船とか乗りたくねぇし。釣りもあんま興味ないしさ」
「・・・だったら磯釣りにするか? 今時期ならいいもん釣れるぜ?」

釣果に興味がねぇわけじゃねえだろ? と佐助の心をくすぐるチカちゃん。
基本チカちゃんは親切です。
そして楽しく魚釣り。磯釣りならば佐助も機嫌よく付き合います。
で、釣った魚をその場で刺身。
チカちゃん自慢の(?)包丁セット登場。

「うわ~。俺もいいもの持ってる気でいたけど、チカちゃんには敵わないかも」
「まあ、こりゃあ漁師か職人ぐらいしか用のないようなもの入ってっからな」

その包丁を巧みに使い、さささっと刺身の出来上がり。
その手つきに思わず惚れ惚れ。

「───俺もその包丁買おうかなぁ」
「刺身すんなら便利だぜ!」

ある意味二人の世界での会話です。
あーだこーだと二人で包丁団議をしてる横で、幸村は刺身を黙々と。
・・・黙々と食べて、食べ切っても、この二人は怒らずにもっと食べろと勧める気がします。

「美味でござる!」
「いい舌だ! 腹ぁはちきれるまで喰いな!」
「ちょっとちょっと! そこまで食べたらお腹壊すよ!」

途中でオカン発動。残りはお土産に。 ←どんだけ釣ったんだよ

後日、チカちゃんと一緒に包丁やさん(刃物やさん?)にお出かけして包丁購入。
いっそう料理の腕が上がる佐助。

・・・何の話だったかな。佐助がオカンな話だったっけ?

寝ます。
今日の私は特産と早寝するはずだったらしいけど(笑) ←特産ってなんなのさw
もう日付変わってるよー。ごめん、さゆきちゃん!ww

おやすみな佐幸v

拍手する拍手する

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

ちびギャラリー

 

presented by.●○紅羽のTWぶろぐ○●

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Lc.ツリーカテゴリー

忍者メルフォ

本文以外は無記入可

右サイドメニュー

twitter

あんまり呟かないけど生存確認ぐらいにはなるはず。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。