硯 箱 の 筆

筆の進むままに

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する拍手する

色々追加してみた。

伝達方法を増やしてみた。

と言うわけで、忍者さんのメルフォを虎若子の下にぺたり~。
今思いついた、拍手ボタンも復活させました。
とりあえずこの3通りの伝達方法を・・・><
これでダメならもう直接メールアドレスどこかに載せるしかないね!
(つか、絶対そっちの方が早いよ・・・フリーメールだし)

まあでもそんなに私と連絡取りたい方もいるとも思えないので(笑)
しばらくこれでやっていきます~。


今日はあまりの暑さに夜中に何度も目が覚めて、朝起きるの辛かった・・・。
寝て起きて、を繰り返して、なんだかいい感じな眠気が来た~と思ったら起床時間。
つらい。
マジでツライ。
で、昼寝するかどうか悩んでるうちに昼が終わってしまった(笑)
遠くに買い物に出たから予定が押したんだよなー。
気付けば夕方4時回ってて、寝るとか言ってる時間じゃなかった・・・。



こないだの日曜日。
杉さんと後輩が遊びに来てた日ですが、ちょっと面白い現象を見ました。

隣家の屋根裏に住み着いてるらしい(実際糞が落ちてたり家の中では音がするそうなので)コウモリが、壁に貼り付いてました(笑)
可愛かったので・・・というか、最初は死んでるのが貼りついてるのかと本気で思って、棒か何かで剥がしてあげた方がいいかと眺めてたら首がね。
くりくりって。
か・・・っわいい!!
生きてるじゃん! と後輩と一緒に写メばちばち撮って、でも5センチぐらいの小さい子だから綺麗に撮れない~と二人で携帯片手に四苦八苦(笑)
いちお、ツナビさんに貼ってあります。
あれ、携帯のズーム機能をフルで使って大きくしてます。
ちっこくてめんこかったvv 顔は見えなかったんだけどww

しばらくして見に行ったら、日が当たったのかず~~~~~っと下の方に移動してました。
それから日が暮れてから見に行ったらいなかった。
やっぱりコウモリって夜行性なんだなぁ。

去年は隣家の屋根の上に暑さでやられちゃったのか、いっぱい死体が転がってて、でもそれが掃除出来ずに困ってらしたのをうちのベランダから伝って主人が掃除したりしたんですが、知恵が付いたのかな・・・!
隣家の方には申し訳ないんだけど(住み着かれて困ってるみたいなので)どうにか生き延びて欲しいと思います。

で。
上田城の本丸の上とか(天守閣はないって聞いたから)どこかの屋根裏とかにコウモリが住み着いてたら・・・!

ネズミやクモは想像の範疇でしたが、コウモリはなかったな・・・! というのに気付いて、うっかりコウモリと仲良くしてる佐助とか妄想。

昼の間は大人しく寝てるコウモリですが、夜になるとパタパタと外に出て行くべく騒ぎだします。
そして夜明けに戻ってくる。
うん。けっこうウザイ。
ネズミも大概迷惑ですが、コウモリも迷惑。

「ちょっとー、天井裏、コウモリ入り込んでるよ。どこかの空気抜きにでかい穴でも開いてるんじゃないの?」

あるとき佐助が天井裏で寛いでたら(それもどうかな・・・w)パタパタと現れたコウモリ。
こいつに住み着かれたら屋根裏糞で汚れっちまうーと、仲間達に伝達。
しかし返ってきた返事が。

「そのコウモリは望六が飼ってるやつだよ~ん」 ←十勇士は佐助とタメ口でいいと思う。
「・・・はぁ?」

勝手設定、うちの望月六郎さんは動物使いなので、いろんな生き物を飼ってらっしゃいます。
しかもこっそり(笑)

「屋根裏に住まわせるなんて許可してないけど?」
「ちゃんとどこかに飼育部屋作ってたよん。紛れたんじゃない?」

昨日は望六が夜番だったし~、と言われて、なら探してるんじゃないかと思います。

「ほっとくわけにもいかないか」

仕方なくもう一度コウモリを見た場所に戻って探します。
すると屋根の梁に二寸ばかりの可愛らしいのがぶら下がってます。

「お前望六のトコのだって? 今頃探してるぞー? とっとと帰れよ」

果たして伝わってるか謎ですが、一応言ってみたり。
もちろん返事はなく、動く様子もありません。
困ったなーと米神を掻きつつ、しかし無理矢理捕まえるのもなーと思案してると、ひょっこり飼い主の望六が登場。

「なんだ、きたのか」

まあでも助かった、と場所を譲り、様子を窺います。

「・・・・・・・・・・・・」
「・・・・・・・・・・・・」
(何してんのかな)

なんとなく会話らしい仕草はしてるのですが、声がしません。
しかしコウモリは大人しく望六の懐に飛び込みます。

「え、何やったの?」
「会話」
「声、聞こえなかったけど?」
「超音波」
「・・・・・・ああ・・・ね」

この時代に超音波っていう言葉はなかったと思いますが、スルーで(笑)
とりあえず声のない会話の正体を知った佐助、音がしないなら情報伝達に便利かも、とこっそり思います。

「・・・いやいや、普段からあれって怖いだろ」

他人から見れば黙って見詰め合ってるだけです。
しかも夜しか使えない(笑)
いやでも便利かな、けどしかし。
佐助、無駄な葛藤を展開。

「・・・長。こいつら小さすぎて使えない」

望六のツッコミで一気に解決! 仲間って大事! ←そんな絞め?


こういう妄想を色んなパターンでやって一日遊べる平和な頭です。
佐助は動物から好かれてたらいいな~。
幸村は嫌われるタイプだよね・・・特に猫とか。犬には好かれるかも。

あ!
拍手いただいてます!!
確認遅いぞ、私・・・!
ありがとうございます~vv
漲ります!


寝ます。今日は朝まで熟睡目標!
おやすみな佐幸!

拍手する拍手する

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

ちびギャラリー

 

presented by.●○紅羽のTWぶろぐ○●

カレンダー(月別)

08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Lc.ツリーカテゴリー

忍者メルフォ

本文以外は無記入可

右サイドメニュー

twitter

あんまり呟かないけど生存確認ぐらいにはなるはず。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。