硯 箱 の 筆

筆の進むままに

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する拍手する

今日が終わった

色々終わりました!

はぁ。なんだか終わってみるとあっという間でした。
昨日は子供が近所の公園にハイキングで(風が強くて寒かったけど雨はなかった)朝からお弁当作りました。
その後は今日のための準備でケーキ焼きまして。

子供は予定より少なめの8人。
女の子ばっかりだときっとうるさくて大変だ!と思ってましたけど、さすがに五年生ともなれば多少落ち着くのか、かしましいほどではありませんでした。
うん。可愛い子ばかりで目の保養だったかもしれない。

しかし、最近の子供って皆大きい!
うちの子もひょろりと背は高いのだけれど、肉がないので幼く見えましたよ。
保護者も一人確保しまして(ママ友)ずっとおしゃべりしてたんですけど、本当に子供の成長の楽しさ面倒くささ悩みどころは皆同じです。
今は制服ですね・・・。まだ伸びるなら買い換えなくちゃダメかな、とそればかり心配する新学年(苦笑)

下のイチャイチャできなかった主従妄想は、なんだか雛祭りですらなくてショボン。
いいの、明日が本当に雛祭りだし!  ←かといって何も用意してないくせに

以下、ちょっとがんばってみた甘い主従。
う~ん、幼少は失敗だったか。
拍手する拍手する


「さすけ、あられをもらった。いっしょにたべるでござる!」

昼餉も終わり、今日のお八つにと渡されたのは小さな木の椀に盛られた甘いあられだった。
よく見れば薄く色まで付いていて、随分と手の掛かった高価な品だが、幼い弁丸からすればそれはただの菓子以上ではなく、貰って嬉しいと、ただそれだけだ。
そしてそれを佐助と食べようと、多分どこかにいるであろう己が忍びを呼べば、既に盆に湯飲みと急須を乗せたものを持って現れた。

「お茶だ!」
「さっき渡されたんだよ。今から弁丸様がきっとお八つにするだろうからって」

並んで縁に座って。
熱い茶を湯飲みに注げば、ふうふう息を吹きかけて啜る。
弁丸は舌を火傷するような熱い茶が好きな子供で、しかし家人としては火傷されても困ると湯の温度に気を配る。
今の茶も、熱いと言っても多少冷ましてあるものだ。
そうして口を潤せば、おもむろにあられを一つ摘み、ぱくりと放り込む。

「うまい!」
「そりゃよかった」

ぱく、ともう一つ。甘く味のついたあられは弁丸の好みに合ったのか、ボリボリと一つずつ丁寧に食べられていく。
そうしていくつかを食べて、また茶を啜って手に一つを持って。

「さすけ」
「はい?」
「あ~ん、でござる!」
「・・・はい?」
「くちをあけるでござるよ!」

佐助の口元に差し出した。

「・・・や、俺様、腹一杯だから、さ。弁丸様が食べなよ」
「一つぐらいならばたべられるでござろう?エンギモノだから、かならずさすけにもたべさせるようにとおようにいわれているでござるよ」
だから、口を開けるでござる。

ぐいと身を乗り出してその口元に付くほどに近づける。
そうまでされて拒むのは逆に不敬だろうと諦めて口を開けば、同じように口を開けていた弁丸にあられを放り込まれ、二人同時に口を閉じた。

「うまいでござろう?」
「うん、おいしい」

甘いあられは思うよりもくどくなく、すっと甘みが消えていく。
奥歯でボリと噛み潰して咀嚼していれば、既に次が口元に差し出されている。

「もう俺はごちそうさま。弁丸様食べてよ」
「はんぶんこにせよといわれているでござる!某はもうたくさんたべたぞ?だからさすけもたくさんたべないと、それがしがたべられぬでござる!」
「え!?・・・えーと・・・ちょっと・・・」
「たべるでござる!」

そして再び、あ~ん、と。
自分も口を開けて食べさせようとしているのが、なんだかあまりに可愛らしくて、嬉しくて。
あまり甘いものは得手ではないけれど、これぐらいなら我慢するほどでもないしと苦笑で諦めて。

「じゃあ、俺も弁丸様の口に入れたげるよ」

一つ摘んで口を開ければ、あられを入れ合う手が同じに動いて、やっぱり同時に口が閉じて。

「うまい!」
「うん」
「さっきよりおいしいでござる!」
「はは!そうだね」

次々と、弁丸の調子に合わせあられを摘んで入れてを繰り返し。
最後に残った一個は佐助が弁丸の口に入れて、いつもより甘く美味しいお八つの時間は終わった。



んんん、どうかな、まだいちゃつき具合は足りないか・・・っ
ていうか、幼少だと無意味に甘い~(>_<)

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

ちびギャラリー

 

presented by.●○紅羽のTWぶろぐ○●

カレンダー(月別)

06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Lc.ツリーカテゴリー

忍者メルフォ

本文以外は無記入可

右サイドメニュー

twitter

あんまり呟かないけど生存確認ぐらいにはなるはず。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。