硯 箱 の 筆

筆の進むままに

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する拍手する

爬虫類は好きなんだよ

ヤモリとかトカゲとか、実はけっこう好きなんです。虫はダメですけど。

というわけで、以下しばらく爬虫類語り。
苦手な方はずーっと下までスクロールか、回避の方向で。



今日は買い物に行くのに車庫から車出そうとしたらシャッター開けた隙に足元を走る小さな影。
ん? と思って走った先であるタイヤの下を見たら小さいヤモリ。

これから車出すのにタイヤの下とか、困るんですが。
私の乗る車は3トンほどあるでかい車です。
思いきし進行方向に潜られてるんで、車出したらつぶしちゃうじゃん! と焦って捕まえようにも小さい体はするする滑るようにタイヤ周りを走る。
それで遠くに行ってくれればいいものをなんでだか車の影から出てこなくて、もうヤモリと一緒に車の周りをくるくると(笑)
そうこうしてる内に姿が見えなくなってしまって、タイヤ周りにいないのだけを確認してからとりあえず車庫から車を出して。
即行中を見に行きました。潰れた死体がないかどうか確認するために。

そうしたら・・・車止めのところに平べったいのがね、ええ。
潰したか!? と近寄ったらちょろりと逃げてくれたので、どうやら轢かなかったようです。
もう・・・朝っぱら心臓に悪いよ・・・orz

やー、でもトカゲとかヤモリとかって可愛いですよねぇvv
あんまり賛同されませんけど、主張します。
可愛いよねぇ!
手の平に乗っけて頭とか撫でたら目をパチパチするんですよー。
トカゲも舌をちょろりと出したりして、その仕種(?)がかわいいvv

蛇とかは毒のあるなしがわからないのでなかなか触れませんが、動物園とかでたまに触れ合えるコーナーとかあって。
触りに行きます、もちろん。腕に巻きつけてみたーい!
もちろん夢はぶっとい蛇を体に巻きつけることです。
テレビで取材や体験で巻き付かれてる人見ると羨ましくてなりません。
・・・アマゾンで野生のにされるのは、命にかかわるからいやです(苦笑)
死んでも本望とは、言えませんさ、やっぱり。えへ。




爬虫類語り終了。ああ、スッキリv
飼えないし、飼おうとは思わないんだけど、爬虫類可愛い。


今日はなんだか頭が飽和状態です。
書きたい話があるのに書けない・・・う~む。
こう、すっきりと整理しないとダメですね、頭の中を。

ちなみに今日一番頭を占めていたのは幼少主従。
この間池に散歩に行ったら水鳥がたくさんいて16羽も雛を連れて泳いでたんですよ!

「弁丸様、雛がすごくたくさんいますよー」
「おお! あれがぜんぶことしうまれたのか!?」

朝の散歩か昼の散歩か、佐助を手をつないで池の周りを歩いていたらすいすいと水鳥たちが泳いでいきます。
先頭にはお母さんらしき大きな鳥、その後ろにはまだ産毛をまとってるようなふわふわした雛たち。

「ひとつ、ふたつ、・・・」
「弁丸様、鳥は”一羽、二羽”って数えるんですよ」
「いちわ? えっと、いちわ、にわ、みっつわ、よっつわ・・・」
「・・・いえ、三羽、四羽、です・・・」

弁丸様は小さいので”ひとつ、ふたつ”としか数えられません。
なので、当然十以上も数えられません。
ざっと見て十以上いる雛に、勉強のついでになるかな、と佐助は思って弁丸様に提案。

「一緒に数えましょうか。一羽、二羽、三羽、四羽」
「いちわ、にわ、さんわ、よんわ」
「五羽、六羽、七羽、八羽」
「ごわ、ろくわ、ななわ、はちわ」
「九羽、十羽」
「くーわ、じゅーわ」
「・・・十一羽、十二羽」
「じゅーいちわ、じゅーにわ、・・・つぎはじゅーさんわ?」
「ええ、そうですよ。じゃあその次は?」
「じゅー・・・ごわ?」
「十四、羽ですね。・・・あっ! どこまで数えたかわからなくなっちゃった・・・」

水鳥たちは動いてますので、ちょっと目を離すともうわからなくなってしまいます。
思わず弁丸様と目を見交わして苦笑い。

「もういちどさいしょからだ!」
「・・・最初から? ああ、じゃあ、一羽、からですね・・・」

しまったー、と思っても後の祭り。きっと数えきるまで帰れない。
最後の十六が言い終わる頃には疲労困憊です(主に佐助が)

「じゅーろくわもいたな!」
「ええ、十六羽もいましたね・・・もうちょっと少なくてよかったのに・・・」

思わず本音がポロリ。
そしてこれからも散歩するたびに数を数える弁丸様。

「きょうはじゅーにわしかいなかった」
「違う群れかも。同じ種類だと見分けがつきませんものね」
「じゃあいっしょにしたら・・・たくさん?」
「ええと、・・・二十八羽、ですね」
「にじゅーはち・・・」

目をキラキラ輝かせて数えたそうな弁丸様。
勉強熱心なのはいいけど、ちょっと勘弁して、な佐助。

「・・・早くたくさん数を覚えましょうね」
「うむ! かぞえるのがこれほどたのしいとはしらなかったぞ!」

弁丸様は数を覚えようという気になった!
弁丸様の算数スキルが 1 上がった!
佐助の家庭教師スキルが 2 上がった!

・・・こんな妄想で楽しめる池散歩。

寝ます。
おやすみな佐幸!

拍手する拍手する

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

ちびギャラリー

 

presented by.●○紅羽のTWぶろぐ○●

カレンダー(月別)

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Lc.ツリーカテゴリー

忍者メルフォ

本文以外は無記入可

右サイドメニュー

twitter

あんまり呟かないけど生存確認ぐらいにはなるはず。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。