硯 箱 の 筆

筆の進むままに

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する拍手する

あたりだった

スーパーでものすごく安いクッキーが売ってて、こういうので美味しいのってないんだよな、と思いながらキャラメル味に惹かれて買ったんですが、値段の割りに美味しかった(*^m^*) ムフッ

で、それを食べながらテレビを見てたんですが、春を感じさせる曲というのでランキングをしてて。
懐かしい歌から新しい歌まで聴きつつ、歌詞検索。
(つい佐幸ソングないかなぁと探す癖が付いた・・・)

「春よ、来い」   松任谷由実

が、いい感じかなぁと思いつつ、やっぱり幸村死亡フラグで佐助生き残されてるイメージ・・・orz
死亡フラグはともかく、佐助が残るのはダメっていってんじゃん! と一人突っ込み。
幸せな曲探さないとなぁ。凹む・・・

さて。
忘れてた2月の日記小話をログにまとめて杉さんに添付しました。
今月は4つです。短いのも込みで・・・;;
通し番号でとうとう70超えました・・・ハハハ・・・・・・・・・・・・orz
もう、ブログサイトと言われても反論できない感じです。
でもブログのとサイトのと合わせて佐幸だけで100超えたんだ・・・褒めて。
多分明日ぐらいにはサイトのほうに上げてくれてると思います。
まったく中身はいじってませんので、大丈夫(?)ですよー。

「幸村幸村幸村真田源二郎幸村」
今日も書いておく。
さっきさゆきちゃんに声掛けたら「幸ー!」って言われたから。
なんで・・・! 村、ってそんなに覚えにくいの??
これで源二郎を先に覚えられたら倒れるしかないな。

今日はなんだかちょっと疲れちゃうことが夕方から続いて、気分が下降気味。
こういう気分になると、なぜかほぼ100%の確率で佐助が幸村に何かを食べさせているシーンが頭に浮かびます。
物は何でもいいんですよ。でもとにかく、幸村は座って口を開けてるだけ、精々がコーヒーカップを持って何かを飲んでるぐらいで、ずっと佐助が食べさせてます。
相手は子供でもなければ病人でもないっつーのに・・・何をやっているのだ佐助・・・。
この二人のストレス解消って、「食べさせる」「食べる」なんだろうなぁ、と常々思っていますが、私のストレス解消も、この二人が食べて食べさせられてるのを見ることなんだろうかと思います・・・。
いや、別にいちゃいちゃしてくれてさえいれば、癒されるんですがね・・・やっぱり何か食べててほしいというか、食べてると幸村が幸せそうに笑ってくれてるからとかそんな。

ちょっと掘り下げて考えると、佐助のストレス解消は幸村で十分ですが(甘やかすもあり、抱っこするのもあり、ちゅーしてぎゅーして破廉恥までもつれ込めば言うことなし。もちろん私も)幸村のストレス解消は佐助ではないですよね。
解消するなら鍛錬か殴り愛か。そういう体を動かすことが解消になりそうです(そりゃあなた、そこで「運動だ」っつって佐助に破廉恥なおねだりが出来るような大人でもないし)
佐助は”癒し”ですね。甘えに行く。
嫌なことがあったり、悲しいことがあったり、なんとなく人恋しいときは佐助の側。
佐助は何も詮索せずに上手に幸村を甘やかすので、されるがまま、求められるがままに甘やかします。
これはもう、仕方ない。佐助だから。
幸村もそれをわかってるから無制限に甘えに行きますが、甘えるばかりではダメだ!という意識ぐらいはあるので、先に運動とかして、それでもダメなら甘えに行く。

さすけさすけ、と名前を呼ぶだけでもいいんだけど、はいはいなあに? と返事が来れば頭に花の一輪ぐらいは咲きそうです。

「さすけさすけ」
「はいはい、なによー。どうしたの? おなかすいた?」
「よんでみただけだ」
「ああ、そう。まあすきなだけどうぞ。おちゃでものむ?」
「のむ」

これは日常会話ということで。
彼らが毎日こんな風に平和で幸せであってくれたらいいと思います。

寝ます。
Have a nice 佐幸!

拍手する拍手する

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

ちびギャラリー

 

presented by.●○紅羽のTWぶろぐ○●

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Lc.ツリーカテゴリー

忍者メルフォ

本文以外は無記入可

右サイドメニュー

twitter

あんまり呟かないけど生存確認ぐらいにはなるはず。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。