硯 箱 の 筆

筆の進むままに

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する拍手する

言葉ってすごい

今日は、てゆか、昨夜から月の障りで体が辛いんですけど。

痛みはないんですけど、今回はとてもだるくて動く気力を奪い取られるって感じ。
それでも昨日は子供の習い事で大道具作りに参加し、オマケに書類も任されてキャーって感じで疲れて、ちょっとだけPC触ったら寝ちゃいました。

んで、今朝。
どうにか子供を送り出すまでして、今日は午前中はどもならんと判断。
ごろごろしてたら久しぶりの友人から電話がきて、楽しく会話をしたらちょっとばかり沈みがちだった思考が浮上して。

あ、なんかいい感じ♪ といそいそ家事を始めたら、その気分を一気に吹き飛ばす電話が来ました。
・・・も、さー。ホント言葉って、すごい力あるよなーって、思います。
詳しく語ると愚痴になるのではしょりますが、とにっかくめげた。
ので、再びうだうだ。

で、反面、そう考えるときに、果たして自分の言葉が第三者にどのような作用を及ぼしているのかとか、思い始めたら・・・
怖くて何にも出来なくなるなと判断しました。
なので、せめて不快なマイナス感情を生み出していないように祈るばかりです。


で、本題は言葉です。  ←暗い話は引きずりたくない

実は佐助と幸村の言葉遣いを、私ってばよくわかってません。
いや、書き分けられてないというか。
一度ちゃんと表でも作らないとダメなんじゃないかなって思うぐらいなんですが、もう、いまさら、っていうか(笑)
またおかしい言葉遣い書いてるよこの人、ってぬるくスルーしてください(苦笑)

で、そういうのも横に置いといて。
佐助の言葉使いだけは言い訳しておきたかったり。

実は杉さんにも指摘されたんですが「女性的」に書いてます。
(彼女の指摘は、性格的にも女性的じゃない?というものでしたけど)
でも佐助はデフォでもわりとその傾向が強い気がするんですが、私の気のせい?(笑)

それを置いといても、幼少時代を書くにあたっては、かなり女性的に書いてます。丁寧語だし。
(だからにょさすと区別がつかないんだよ、と一人突っ込みしながら書いてます)

もともと佐助は言葉遣いは余り丁寧じゃないんじゃないかな、って思ってて。
里で修行してる間は、そりゃ師匠とか目上はともかく、周りはライバルであったり仲のいい友人(いるのか・・・)であったりするわけですから、別に丁寧語を使わなければならない環境下ではなかったと思うんですよ。
更に言えば、私はあんまり師匠にも丁寧語じゃなかったんじゃないかな、って思ってます。
本当の本当に厳しいばかりの環境で育てられた子が、あんな風にはいくらなんでもならないでしょうと(笑)
躾(?)として、一式そういうのは身に着けてはいても、外に出るまではただの知識であって、仕える相手によっては使わないままで終わる事だってあるようなもの。

・・・まあ、たまたま仕えることになった相手がアレ(弁丸様)で、「出来れば俺さま、あんまり会話したくねーんだけど」と言ったところで、相手はアレですから。
会話はしなくてはいけませんのですよ。
で、最初はしぶしぶだったものだから、丁寧な感じではあってもどこかがらっぱちな言葉を使ったりしちゃって、それを弁丸様はすぐ憶えちゃって使ったりするんですよ。
子供ってのは、汚い言葉とかが好きな生き物なので(それは幼稚園生辺りを見ればわかる)

もう、超焦る佐助。
「このままじゃ、俺のせいで変な言葉覚えちゃうよ!」
って責任感じて、でもあんまり他人行儀にするのも怒るから、真ん中とってアレな言葉に。
三つ子の魂百まで、ですから、将来は主として立つ人だから傅かれることに慣れさせなきゃ、って過ぎるほどに丁寧なところから始まって、弁丸様が育つにつれてちょっとずつ普通な感じに戻していくんです・・・予定では。
でも長い間そんな言葉使ってたんで、どこか説教じみたというか、母親みたいな言葉遣いのまま。
もう戻らない(笑)

佐助の言葉遣いは、何かそういった歴史を感じさせます。
小さい頃から───つまり、弁丸様に会う前からアレではないんじゃないかなって。
佐助の言葉は、どこをとっても子供を心配する母親っぽい感じとか、長年育ててきた我が子の成長を喜ぶ母親(どっちも父親じゃないのが佐助クオリティ)でしかなくて、そうなるにはやはり幼少時代から始まってのお世話役、という肩書きがないと。

つまり何が言いたかったかというと、幼少佐助が男か女かわかりにくくてごめんなさい、という。
いいじゃん、忍びなんだし。
佐助だし。なんでもありだよ。
実は母性本能とか、たっぷり持ってるんだよ、佐助だし。
弁丸様と過ごす日々の中で、すっかり母親な気分なんだよ、佐助だし。
弁丸様も、母上様がいなくても平気、っていうのは、代役が佐助だからだよ。

佐助の万能さは、幼少からの経験に基づくアレなわけです、ええ。

───何書いてるのかわからなくなってきた・・・ぼけてます。
要するに佐助はオカンなんです。

・・・orz
寝よう・・・うん。

いや、これは言わねば!
拍手ありがとうございます!
場所変わってもポチポチされるのは嬉しいですvv
あいらびゅーん!

で、以下、コメントお返事畳みました!

佐幸なさいませ!

拍手する拍手する




杉さん

池と沼の違いは
http://homepage2.nifty.com/osiete/seito319.htm
がけっこうちゃんと質問返答されててOKな感じです。
カッパには、お館様の命令で武田忍びがやったと思いますww
絶対お館様はいたずら仕込んでるよね・・・!ww



かなたさま

サプライズ、喜んでもらえてよかったですvv
20個、頑張って終わらせますので(笑)
で、幸村の方が好きな佐幸好きーさんがいらっしゃると・・・!?
よかった・・・;; ちょっとはいるんだ・・・vv
みんな佐助好きすぎるよ!ww
絵茶のあれはそんな予感もちょっとしてたw
またしたいね・・・!! 主催様次第だけどね;;

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

ちびギャラリー

 

presented by.●○紅羽のTWぶろぐ○●

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Lc.ツリーカテゴリー

忍者メルフォ

本文以外は無記入可

右サイドメニュー

twitter

あんまり呟かないけど生存確認ぐらいにはなるはず。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。