硯 箱 の 筆

筆の進むままに

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する拍手する

料理ってのは本当に

なんつーか、食材との勝負めいてます・・・

今日はお好み焼きだったんですが(月に一回は必ず食べてる)私の好物だってのと、娘のリクエストとで、ネギを大量に入れました。
生地に練りこんじゃうとどれだけ大量でもあまり味はわからないんですが、まあ風味がわかればいいやくらいの気持ちでネギを投入。

そのネギを切るのがもう・・・泣かされる・・・
タマネギ・ネギは主婦の敵!と思うんですがどうでしょうかね。
もう、今時の物のせいか、とにかく涙が溢れて仕方なく、途中で顔を洗ったり息を止めたり。
何故私がネギごときに泣かされねばいかんのか!と青ネギの束を叩き付けたい気持ちになりながらシャクシャク切っておりました。

そして思うのは、スーパーに売ってる刻みネギのパック。
あれ、誰か切ってるのかしら? (だとしたら神業だよね)
機械が切るのかしら? (あの柔らかいのをどうやって?)

結論としては、きっとネギより長いいっぱい刃の並んだカッターみたいなので一気にざっくり切ってるんだ!というところで落ち着きました。
真相はわからぬままですが、ネギを切るたびに同じことを考えます。
そんな機械があるなら、ちょっと欲しいなと思います。
刻みタマネギを作るのがいやで、フードプロセッサは結婚するときの道具として持ってきました。
とても役に立ってます。
でもネギは切れませぬ。



「さすけぇ、めがあかぬ・・・」
「・・・だからダメだって言ったでしょ?」

手拭いでぽろぽろこぼれる弁丸の涙を拭いながら、佐助は小さく溜息を付きました。

「ネギやタマネギを切ってる側に近寄ったら目が痛くなりますよって、あんなに言ったのに」
「ネギがはいってるとはしらなかったのだ・・・」

お八つも終わって人心地もついた夕餉前の時間です。
一緒に庭で遊んでいた佐助が厨の用事に呼ばれて、一人ではつまらないと、佐助の後にこっそり付いていって、いい匂いのする厨に近付いた弁丸様。
しかし中に入る前に佐助に止められて『今はネギをたくさん切ってるから入っちゃいけません』と言われて追い出されてしまったのです。

それでも厨にこっそり入り込んだ弁丸様は、たくさんの人がいるその足元を上手にくぐり抜けて、ぐつぐつ煮えている鍋の中や、ぽこぽこ湯気をあげる釜を見て、夕餉の膳には何が並ぶのかワクワクしながら楽しく探検していました。

厨の中には大きな調理台があって、たくさんの物が並んでいるその中に、佐助に注意されたネギがざるに盛られていましたが、それに気付かない弁丸様は、思いきりそのざるに顔を突っ込み、においを嗅いで顔にも被ってしまったのです。

「いたいぃぃ・・・」
「う~ん、ちょっと顔を漱ぎにいきましょうか」

拭っても拭っても取れないネギのにおいと、痛いと泣く弁丸様が可哀想になった佐助が、まともに目を開けることの出来ない弁丸様を抱き上げて井戸に向かいます。
そして汲み上げた水で丁寧に目を洗ってあげても、すぐには痛みはひきません。

「もう厨に黙って入っちゃだめですよ?」
「ねぎがこれほどいたいとはしらなかったでござる・・・」

少し赤くなってしまった目に佐助が濡らした手拭いを当ててくれます。
井戸端から縁側に場所を移動した弁丸様は、そこにごろりと転がって佐助の膝に甘えます。

「おようたちはいたくならないのでござるか?」
「もう大人だから痛くないんだって」
「それがしもおとなになればいたくないのであろうか」
「・・・弁丸様がネギを切ることになるとは思えませんけど・・・まあ、多分」

では大きくなったらネギと勝負でござるよ!と、両手を振り上げて本気にしていない佐助に誓いました。

                  ・
                  ・
                  ・
                  ・

「・・・佐助、某はまだ子供なのであろうか」
「まあ、ネギ切ってる横に立ってるだけでそんだけ泣けるってのは、子供かもね」
「ネギ殿は強いでござる・・・」
「あーそー」

ネギには武士の熱い魂も効きませぬ。


ちなみにうちの子はネギの匂いがしただけで台所から逃げます。 拍手する拍手する

Comment

そんな裏技が 

たまねぎはごろりと大量に買うので野菜置き場に盛り上げてるけど、一個か二個ぐらい移してみようかな・・・
でもネギほどは辛くないんだよなー、たまねぎは。大人だから!w
ほぼ毎日切ってるから慣れたのかもしれない。
ネギは・・・もう、本当に泣ける。まだしぱしぱするような気がします。

  • posted by 老師 
  • URL 
  • 2008.04/16 07:36分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

たまねぎは冷蔵庫に入れておくと目に沁みにくくなるって前にテレビで見て、一人暮らしの時はそうしてたよー。ほんとに沁みにくかった。のに慣れちゃったから、実家が辛い・・・。実家の冷蔵庫は家の冷蔵庫だから勝手できないんだよー
ねぎはやばいよー私も幸村並だよ・・・
  • posted by みおか 
  • URL 
  • 2008.04/15 22:27分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

ちびギャラリー

 

presented by.●○紅羽のTWぶろぐ○●

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Lc.ツリーカテゴリー

忍者メルフォ

本文以外は無記入可

右サイドメニュー

twitter

あんまり呟かないけど生存確認ぐらいにはなるはず。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。